データリテラシーを高め、鑑定評価業務に生かして行こう

FEATURE

Works

データを活用するための情報を提供しています

read more

Coding

活動にはGitHubを活用しています

visit our github

Folks

各メンバーがブログを投稿しています

read more

NEWS

2018.11.08

リポジトリrea-osaka/Osaka-Kogyo-scatter-plotを追加。 取引価格情報を利用し、Rスクリプトで大阪府下の工業地域の価格について視覚的に分析をおこなった例

2018.11.08

リポジトリrea-osaka/retiでは、Rパッケージ「reti」の開発を順次行っています。 「reti」の基本的な関数群が完成し、また、github上のWikiページ(使い方等の概要)も作成しました。

2018.10.26

リポジトリrea-osaka/retiをアップデート。 国土交通省配布の取引価格情報データをRで扱うためのパッケージ

2018.9.25

リポジトリrea-osaka/R_lessonを追加。 jupyter notebookを用いた、Rの基本的なレッスンノート集

2018.9.18

環境整備のためのHowToのページに「R環境の整備」項目を追加しました。

2018.9.18

当Webページの情報発信主体が大阪府不動産鑑定士協会業務委員会内の取引価格情報活用小委員会になりました。

2018.9.10

リポジトリrea-osaka/jutakuchakko.Rを追加。住宅着工統計を視覚化するスクリプト

2018.9.10

リポジトリrea-osaka/simple-analysis-of-real-estateを追加。取引価格情報を利用し、取引総額を視覚的に分析するスクリプト

2018.9.10

リポジトリrea-osaka/Maps_on_2_censusを追加。国勢調査による人口・世帯数の増減を視覚化するスクリプト

2018.9.10

環境整備のためのHowToページを作成し、GitHubアカウントの作成について説明

2018.8.25

準備委員会としてのホームページを公開